遺伝子変異に合わせたがん治療とは
ー 代表的な遺伝子変異
遺伝子変異量(TMB)とは

遺伝子変異量(TMB)が多いとどうなるの?

遺伝子変異量(TMB)は、がん細胞のゲノムに生じた遺伝子変異のおおよその量です。
もともと、私たちの体には遺伝子変異を取り除く「修復システム」が備わっていますが、TMBが多いと、この修復システムに異常があり、がんが発生しやすいと考えられています*1*2
また、TMBが多いがん細胞では、免疫システムによって異物と認識される変異タンパク質がたくさん作られていると考えられています*3
*1 Chalmers, Z.R. et al.: Analysis of 100,000 human cancer genomes reveals the landscape of tumor mutational burden. Genome Med. 9(1): 34, 2017.
*2 Campbell, B.B. et al.: Comprehensive Analysis of Hypermutation in Human Cancer. Cell. 171(5): 1042-1056, 2017.
*3 Galuppini, F. et al.: Tumor mutation burden: from comprehensive mutational screening to the clinic. Cancer Cell Int. 19: 209, 2019.
遺伝子変異量(TMB)は、DNA修復システムの異常と関連する(イメージ図)
ピンチで図を拡大する

遺伝子変異量(TMB)は、どんながん患者さんで多いの?

TMBが多くなる要因として、皮膚がん(悪性黒色腫)の患者さんでは紫外線、非小細胞肺がんの患者さんではタバコ由来の化学物質に曝されることがあげられています*4*5。また、高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-High)が確認された大腸がん、子宮内膜がんの患者さんでも、TMBが多いと報告されています*6
TMBは、皮膚がん(悪性黒色腫)、肺がん、膀胱がん、食道がん、大腸がん、子宮頚がん、頭頚部がん、胃がん、子宮がんなどさまざまながん患者さんで調べられています。量はそれぞれのがん患者さんで異なり、皮膚がん(悪性黒色腫)や肺がんの患者さんのようにTMBが多いこともあれば、白血病の患者さんのようにTMBが少ないこともあります*4*5
*4 Alexandrov, L.B. et al.: Signatures of mutational processes in human cancer. Nature. 500(7463): 415-421, 2013.
*5 Lawrence, M.S. et al.: Mutational heterogeneity in cancer and the search for new cancer-associated genes. Nature. 499(7457): 214-218, 2013.
*6 Vanderwalde, A. et al.: Microsatellite instability status determined by next-generation sequencing and compared with PD-L1 and tumor mutational burden in 11,348 patients. Cancer Med. 7(3): 746-756, 2018.

遺伝子変異量(TMB)が多い場合、治療の方針はどう変わるの?

2020年4月現在、TMBが多いがんに対応した保険適用の薬剤はありませんが、「免疫チェックポイント阻害薬」の効果が高い可能性があり*3、免疫チェックポイント阻害薬による治療を検討するための目安としてTMBの検査が行われる場合があります。免疫チェックポイント阻害薬の効果とTMBとの関係が、さまざまな臓器に生じたがんでくわしく調べられているところです*7
がんゲノム医療による検査や治療については、主治医、医療機関にてご相談ください。
*7 Yarchoan, M. et al.: Tumor Mutational Burden and Response Rate to PD-1 Inhibition. N Engl J Med. 377(25): 2500-2501, 2017.

コラムCOLUMNエキスパートパネルとは

がん薬物療法、遺伝医学、遺伝カウンセリング、病理学などに関する専門的な知識をもった医師などの専門家が参加する会議で、がん遺伝子パネル検査の結果に基づいて、患者さんの治療方針を検討します。エキスパートパネルは、国が指定するがんゲノム医療中核拠点病院・拠点病院で開催されます。
PAGE TOP